skip to content

SAP SuccessFactors Employee Central Payroll

c48-core-hr

業務効率の高い給与管理部門では、標準より 37% も低いコストで給与計算処理を行っています。旧式で非効率な給与管理のままで満足してはいけません。SAP SuccessFactors Employee Central Payroll は、実証済みのテクノロジー、最新のイノベーション、サービス提供を 1 つにまとめた、画期的な次世代型自動給与管理ソリューションです。

主な機能

リアルタイムな給与計算の監視

SAP SuccessFactors は、より大規模な PCC (Payroll Control Center) サービスの一環として 3 クリックで完了する給与計算機能を導入することによって、給与計算プロセスに革新をもたらしました。これにより、バッチ方式の処理から継続的な給与計算処理に移行することができ、給与に関する例外のリアルタイムの監視(検証またはポリシーとも呼ばれる)が可能になっています。給与管理者が膨大な時間をかけて多くのエラーログ、スプール、レポートを確認したり、さまざまなチェックツールを実行したり、Excel の表を作成して給与計算エラーを探したりする時代は終わったのです。

c50-employee-central-payroll

グローバルなプロセスと地方別ベストプラクティスの適用

Employee Central Payroll では、41 を超える国の給与計算処理をすぐに実施できます。給与管理には、グローバルな考え方とローカルな対応が必要ですが、「グローバル」とは単に言語、名前、住所フォーマットの統合を指しているのではありません。また、「ローカル」とは、単に給与管理プロバイダーの集合を指すのではありません。
これは、次のようなローカリゼーションの要件を指しています。

  • 税金計算において、業務の拠点となっているのがどの国またはどの地域であっても、当該国または当該地域の規則に準拠できる

世界中で高いユーザビリティが確保され、ユーザーは適宜、以下の情報を参照できます。

  • 現地の祝日が記されたカレンダー、タイムゾーン、通貨、およびそれらに付随する情報。これらは各地の言語で表示されます。

グローバル化に向けて成長している組織や、他の国の活動に対してより詳細な可視性と統制が必要になってきた組織に対して、正確な給与計算と期日通りの支払を確実に行うための支援を提供できます。

c50-product-continuous-performance-management

給与の遡及計算

遡及計算とは、現在の給与期間よりも前の従業員マスターデータを変更する機能のことです。Employee Central Payroll は以前の期間の給与を自動的に再計算し、それに応じて結果を調整します。Employee Central Payroll ユーザーのほとんどが、この遡及計算が最も便利で強力な機能であると考えており、同時に最も複雑なプロセスの 1 つであるとも答えています。現在の給与期間よりも前のマスターデータを変更すると、現在の給与計算中に、従業員の過去の給与計算がトリガーされます。Employee Central Payroll は、この変更によって影響を受ける一番古い給与期間から始めて、それ以降のすべての期間の給与を再計算し、不足分または払い過ぎ分があれば、それを現在の給与期間で相殺します。

c50-product-performance-assessments

関連資料