skip to content

固定観念の打破: 今日の従業員に適したパフォーマンス管理

従業員パフォーマンス管理の在り方について抜本的な再創造が進行中です。新しいモデルでは、従来の年次の人事考課を強化する目的で、継続的に高い頻度でコーチングとフィードバックを行います。理論上、このアプローチが優れていることは間違いありません。しかし実践上は、どのようにしてこれまでのプロセスをシンプル化し、新しいプロセスを設定すればよいのでしょうか。ここでは、今日の最も先進的なアイデアと調査を参考にして、革新的なベストプラクティス、導入事例、エキスパートの提案をご紹介します。また、それらをサポートするSAP SuccessFactorsの全く新しい製品機能もご紹介します。

実践的なアイデア、アプローチ、提案をぜひご確認ください。

 

新しいベストプラクティスを学ぶ

  • マネージャーと従業員との継続的な対話に関する事例
  • 肥大化したプロセスをシンプル化する方法
  • 従業員の評価方法とその使われ方の再評価
  • SAP SuccessFactorsが提供する新しいコーチングおよびフィードバック機能

新しいベストプラクティスを学ぶ

  • 破綻した従業員パフォーマンス管理プログラムを立て直す方法
  • コンテスト勝者企業に見る革新的なパフォーマンス管理

他社の事例を参考にする

  • IDC社は主要ベンダー12社のパフォーマンス管理機能セットをどのようにランク付けしているか?
  • タレントマネージメントスイートに関するガートナー社のマジッククアドラントにおいてトップに立ったのはどのベンダーか?
  • 12業種、23社のお客様は、どのようにしてパフォーマンス管理を成功に導いたのか?